0629

紫陽花  

紫陽花 75
撮影機材:OM-D E-M1/M.ZUIKO ED 75mm f1.8

スポンサーサイト

Posted on 2015/06/29 Mon. 13:19 [edit]

CM: 0
TB: 0

0625

色々と触ってきた・・・・  

みなさんこんばんは!!

え~本日6月25日木曜日は・・・・・・・・・・

FUJIFILMさんより新商品X-T10が発売になりましたね、個人的にも凄く気になってましたので

色々とお触りしてきました(*´▽`*)ノシ

まず外観なのですが、デザイン的にはFUJIFILMさんらしいレトロスタイルな見た目でコレはコンセプトと取って良いかと

思います

X-T101.jpg

X-T1と比べると若干どころか大分小型なカメラでした、小型ゆえ持ちづらいかと思ってましたが意外と大丈夫です

X-T102.jpg

意外と背面がすっきりしていてちょっと不安でしたが・・・・案の定コマンドが探しづらい(汗)

ただ各ボタンの押しやすさはかなり良いです、X-T1は十字キーが

ものすごく押しづらい上に押した感覚がほぼゼロです、AF云々とか言う以前に購入をためらってたのが

ボタンの押しづらさとボタンコマンド配置です!いくら画質が良くてもこれじゃな~って感じでしたので

ボタンの押しやすさはグットでしたが操作性をもうちょっと煮詰めてもらいたいです

まぁカメラに合わせて慣れればいいかと思いますが、E-M1と比べてしまうと天と地の差ですね

さてX-T10・・・・・X-T1とどれだけ違うのか気になって調べてみましたが・・・・・取り敢えず比較表を↓

キャプチャ1-vert

まずX-T1にはあってX-T10にはないもので大きく違うところですが

防塵防滴

動作環境(X-T1のみ-10度~40度)

液晶の画素数(X-T1は104万ドット X-T10は92万ドット) 

連続記録枚数(X-T10は明らかにバッファ不足っぽい)

内臓フラッシュ(X-T10のみ装備)

ビューファインダー(X-T1は0.5型 X-T10は0.39型)

HDMI出力端子(X-T1はミニタイプC X-T10はマイクロタイプD)

ボディサイズ(X-T1は幅129高さ89.8奥行46.7 X-T10は幅118.4高さ82.8奥行40.8)

質量(X-T1は440グラム X-T10は381グラム)

まぁスペックでは違う所が多々ありますが、実際に体感できる違いは防水とバッファ不足でしょうか???

操作性はともかくボタンの押しやすさやコスパはX-T10ですね~

約3万前後の差額でX-T1と同様のセンサー類がついていて画質も期待できますし←と逝っても後3万でX-T1・・・・・

私的には良いなと思いました、ベタ褒めするつもりはありませんがFUJIFILMさんのX-T1とX-E2はマジ画質が良いです

フルサイズいらないんじゃないかと思えるほどの高画質とあのすばらしい発色は圧巻です

タダ・・・・・オートフォーカスと操作性がハッキリ言ってDfはおろか

E-M1にもはるか届いてないのが現状です、でも私の場合は動きものやらはDfで逝ってますので

十分に射程距離内にあります・・・・・だって画がヤバいんだもん(>_<)

質感は私の主観ですが個人的には凄く良かったです( *´艸`)

検討の候補その1に入りましたっす(笑) じっくり考えるとしましょう

( ̄▽ ̄)ノシ


Posted on 2015/06/25 Thu. 19:07 [edit]

CM: 0
TB: 0

0622

光の明暗の差が・・・・  

速い話がベストショット!!

hikari.jpg
撮影機材:Nikon Df/AF-S Nikkor 50mm F1.8ED

流石はFXフォーマットに1600万画素です!!やっぱここまでの奥行感や空気感はこれじゃなきゃ撮れない感がでてます

満足の一枚です( *´艸`)

Posted on 2015/06/22 Mon. 22:34 [edit]

CM: 0
TB: 0

0621

目が痛くなるほど・・・・  

逆にビビットな感じでも綺麗・・・・・・

薔薇 ongaku2
撮影機材:Nikon Df/AF-S Nikkor 50mm f1.8ED

どちらが好みか判れる所です

Posted on 2015/06/21 Sun. 18:43 [edit]

CM: 2
TB: 0

0621

色褪せても・・・・  

薔薇って美しいですね

薔薇 ongaku
撮影機材:Nikon Df/AF-S Nikkor 50mm f1.8ED

Posted on 2015/06/21 Sun. 18:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

0616

坂城薔薇祭りにて・・・・  

さて坂城薔薇祭りにて、奥方サイドですが・・・・・・

最近うまくなってきましたねぇ(汗)

正直私より良い写真を撮るケースが多くなってきました( *´艸`) 楽しんで撮ってますのですごく良い事です(*^-^*)

坂城薔薇1

本人曰く「私はボタンを押してるだけよ!」とのことですが、結構良い画が撮れてますね~

坂城薔薇2

坂城薔薇3

坂城薔薇4

坂城薔薇5

そしてコレがベストショット・・・・・・勝てねぇ(爆)

たまたま撮ったらこうなったと言ってましたが、お気に入りの一枚になりました

ヤバイな~抜かれないように頑張らないと(; ̄▽ ̄A

それでは( ̄▽ ̄)ノシ

Posted on 2015/06/16 Tue. 22:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0616

坂城町薔薇祭り  

みなさんこんばんは!!

撮影して少し時間がたってしまいましたが、薔薇のシーズンになりましたので撮影に逝って参りました、

毎度思うのですが、花の撮影ってすごく難しいですね(汗)

背景に気を付けないとメインが引き立たなかったり、余白を作りすぎると急にさみしい画になってしまったりと

散々な結果になるケースが多いです、帰ってPCに取り込んで初めて「ああすれば良かった」など後悔がちらほら・・・・・

そして今回はE-M1と単焦点一本で勝負をしてきました!!広いわけではないので結構難しかったです

sakaki1.jpg
撮影機材:OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm f1.8

流石に後ろが取れない場所で換算150mmはきつかったです(笑) もうちょっと背景を花で埋め尽くして撮ればよかった

sakaki2.jpg
撮影機材:OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm f1.8

今度は逆に背景を暗めに取ってみました

sakaki3.jpg
撮影機材:OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm f1.8

なるべく透明感が出るようにメインの後ろは何もない状態にして、ボケ過ぎないように絞って撮ってます、いくらμ4/3でも

実焦点距離が75mmの中望遠だとボケすぎてしまうので・・・・・

sakaki5.jpg
撮影機材:OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm f1.8

わざと余白を多くして、快晴の中の薔薇を演出・・・・・もうちょっと上手い撮り方があると思いますが、例えば縦で撮るとか・・・・

sakaki4.jpg
撮影機材:OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm f1.8

一番よく撮れたかな?被写体は赤いバラで後の引立て役も赤・・・・・余白は玉ボケでごまかし綺麗に(笑)

やっぱり花の撮影は光の加減や背景、ボケやメインの配置が難しいですね

ちっと違う角度でも表情が変わります、いろんなアングルで撮ってみて一枚一枚を選別していった方が

良いですね、とにかく私は背景に気を付けているつもりですうるさくなりすぎないようにしてます

次回は奥方サイドを書きますです

それでは( ̄▽ ̄)ノシ

sakaki6.jpg



Posted on 2015/06/16 Tue. 21:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0610

フルサイズだからボケが多い!は半分正解だが・・・・  

みなさんこんばんは!!

今回はボケについてです(*´▽`*)

一般的にボケを生かした雰囲気ある写真が撮りたい!ってなった場合一眼レフを思い浮かべますよね

それってセンサーサイズが大きければ大きいほどボケの量が大きいって考えるのが普通ですかね???

実はこれって半分正解で半分不正解なのですがコレについて話を突っ込んでいくとすごくややこしいので

ある程度は省きます・・・・

まずボケの前に被写界深度についてお話いたします、被写界深度とはピントが合っている部分の事ではなく

合っているように見える部分の事をいいます、実際のピント部分は薄いほんの一部のみです被写界深度は

絞り(F値)とレンズの焦点距離と被写体距離によって決まります、アレ?センサーサイズは???

って方もいらっしゃるかと思いますが被写界深度は上記の三つで決まります、まずは絞り(F値)ですが

絞りを開けると深度が浅くなり、絞りを閉じると深度が深くなります、これはセンサーが取り込む光の

許容錯乱円が関係してきます許容錯乱円とは人間が「点」として捉えられる範囲の円の事です

あんまり突っ込むと意味不明になりますので簡単に書きますが、絞りを開けるとこの錯乱円が大きくなり

範囲を超えるとボケになります、ピントが合っている所は最小錯乱円でその周りに許容錯乱円があります

最小錯乱円の周りの部分が被写界深度になってきます、逆に絞りを絞ると錯乱円が小さくなるので

許容錯乱円が増えるので被写界深度が深くなるわけです(合ってるよね?不安)

さて本当はボケが実際変わらないか比較してみたいところですが、うまくいかないのでフォーサーズとFXフォーマット

でどれだけボケが違うかテストしてみたいと思います、焦点距離は双方標準の50mm(フォーサーズは25mm)

でF値は1.8から順に絞っていきます、ISOは200ホワイトバランスは5000Kでノイズリダクションは標準です

FXとフォーサーズがそもそもセンサーサイズが大分違います、換算値にして倍です、当然25mmをクロップしている

と同じな為ボケ具合は段違いのはずですね。

まずはFXフォーマットのDfから

Dfボケ
Dfボケ2

ウームすさまじいですね、被写界深度が非常に浅いのでピント合わせは慎重に逝かないと甘くなってしまいます

画素ピッチに余裕がありますので、ダイナミックレンジが広く奥行き感が凄いですね

続いてはフォーサーズのE-M1

E-M1 ボケ
E-M1 ボケ2

う~~~~~~むボケより色味が全然違うのが気になる!!

実際同じ5000Kで撮ってますがこうも違うとは、見た感じではDfのほうが忠実です←脱線

以上フォーサーズで換算50mmとFXフォーマットで50mm、どれだけボケ具合に差が出るか試してみましたが

だーいぶ違いますね、ボケの大半がレンズによるものですがフルサイズは工夫しなくても凄いボケを

作り出すのが容易ということになりますね、画素ピッチにも余裕があり多少暗いシーンでも安定した画質が

期待できます、でもフォーサーズとFXは双方得意としている分野がある為使い分けていきたいと思います

それでは( ̄▽ ̄)ノシ





Posted on 2015/06/10 Wed. 20:00 [edit]

CM: 2
TB: 0

0606

M.ZUIKOは高解像度です  

ネ!

っとみなさんこんばんは!!

実はE-M1用でレンズを2本追加しました、使い心地は非常に良いですね☆何より軽いです

巷ではE-M5 MARKⅡが話題になっておりレンズかMARKⅡで結構迷いましたが、現状では

E-M1と果てしなく画質が違うという訳でもないですしバリアングルやサイレントシャッターとか質感とか

ヤバイ誘惑があるものの、踏み止まってますE-M1持ってなきゃ逝ってたかもしれませんがねww

さてニューレンズで少し撮影してきましたので少しご紹介いたしますね

ハナ011

ハナ012

ハッパ011

タキ011

タキ012

さて捕獲したレンズは単焦点です、次回当たり紹介いたしますがマジ解放から使える良いレンズですね

撮影がとても楽しいです!まぁボケはフルサイズの方がボケますが・・・・・次回紹介を絡めてそのボケについて少々

次回は「フルサイズだからボケが多いと言う訳ではない件、半分正解だが・・・」の記事にでもしようかな???

それでは( ̄▽ ̄)ノシ

Posted on 2015/06/06 Sat. 20:49 [edit]

CM: 4
TB: 0

0604

ISO感度について  

みなさんこんばんは!!

前回の記事では私らしくない文字だらけでしたが、最近色々と写真を楽しむ上で調べるのが楽しくて

こんな感じでやっております(笑)少しでも現代の若人達にカメラをふれていただきたいのです!!

私にとってもお勉強の覚書になりますので「おいおい!コレ違うぜ~」と思う方もいらっしゃるかと思いますが

生暖かい目で見ていただけたらと・・・・・

さて今回はISO感度についてつらつらとお話いたします

カメラやってない方はISO感度ってあまり聞いたことないですよね、要は撮像素子が光を受け止める能力または感度です

デジタルカメラはレンズから取り込んだ光を電気信号に変えて写真データに変換していますISO感度を上げていくと

電気信号を増幅して光を受け止める能力がアップします、メリットとしてはISO感度を上げると少ない光でも低ISO時と

比べて光を受け止める能力が上がっているためシャッタースピードが稼げたり、明るく撮れたりと良い事があります

「じゃあ暗ければISO感度上げれば良いじゃん、最初から高くすれば?」と思いますよね?

でもこのISO感度・・・・実は上げれば上げるほど画質が犠牲になってしまうんです!!

基本的にはISOをあげるとその分電気信号も増幅しますのでノイズが乗ってしまいます

よく夜のテレビ中継とかで、すごくザラザラな中継とかありますよね?あんな感じにスナスナした感じになってしまいます

そしてこのISO感度はカメラによってノイズの出方が違います、基本的にはセンサーサイズが大きい方が

高感度ノイズは出にくい傾向にあります、理由としては一つ一つの画素ピッチ(大きさ)が大きいため光の取り込む

量が大きいため余裕がある為です、例えば1600万画素の撮像素子でもセンサーサイズが大きいのと小さいのとでは

一個当たりの画素の大きさが違いますよね?これによりフルサイズセンサーは画素に余裕がありノイズに強いのです

今回は私の手持ちのE-M1とDfを使ってセンサーサイズによるノイズの違いを見てみました

なるべく同条件になるように撮りましたがISO100~25600での比較です、

双方1600万画素、E-M1がμフォーサーズ規格 DfがFXフォーマット規格です

kikaku

いつも拾った画像でゴメンナサイ(汗) フルサイズと比べると大分大きさが違いますね~

これはこれで色々良い部分も有りますのでそれはまた後日お話します、そうじゃなければもってませんので

それでは左側がE-M1で右側がDfです、ISOは100~25600、ノイズリダクションはOFFです

実験

元の写真がこんな感じです真ん中のヌイグルミを拡大して比較しております

          E-M1                         Df

E-M1 Df 高感度

いかがでしょうか?大分ノイズ感が違いますよね~画素ピッチがここまでノイズに影響してくるわけなのです

いかに高画素でセンサーサイズが小さいとノイズに弱いかがわかりますよね、まぁ今の時代画像処理エンジン

の飛躍的な進歩で大抵ノイズを抑えることができますのでアレなのですがね←何

その代りノペーっとした写真になってしまったりするのでどうかとは思いますがね・・・・・・

今回はノイズリダクションをOFFで撮影しましたが実際はE-M1の高感度ノイズ処理は素晴らしいものがあります

フルサイズがすべてとは思ってませんが、されどフルサイズですね!流石です!!

こんな感じで写真の紹介の隙間にこう言った覚書記事を挟んでいきますので気が向いたら見てくださいね|д゚)

それでは( ̄▽ ̄)ノシ

Posted on 2015/06/04 Thu. 00:57 [edit]

CM: 2
TB: 0

0602

ミラーレスと一眼レフ  

みなさんこんばんは!!

ステキなカメラライフ送ってますか?←いきなり

今回は何を撮影したって訳ではありませんが・・・私はミラーレスカメラと一眼レフカメラの両方を所持してます

理由としてはそれぞれに特徴があり使い分けと言う言い訳のもと(笑)用途別で写真を撮ってます

さて今回はミラーレスと一眼レフの良い所、悪い所を私なりにまとめてみました

ただの独り言故間違った知識や変な持論のオンパレードです!話半分に聞いて下さい

まずは一眼レフカメラとミラールスカメラの構造ですが

kouzou

一眼レフにはペンタプリズムやシャッターを押した時に上げ下げされる物が搭載されておりレンズを通った

情報を見て写真を撮ります、故にシャッターチャンスに強いがシステムとしては大きくなってしまいます、

そして撮ってみないと明るすぎるのか、暗すぎるのかが分からない為それなりに経験が必要です

オートで撮ることも可能ですが折角の一眼レフなので出来れば絞り優先やシャッター優先を使いたいですよね

初心者の方が最初に問題となるのが露出だと思います。

続いてミラーレスカメラですが、名前の通りペンタプリズムやミラーを排除して撮像素子でやり繰りするカメラです

レンズの先が直で撮像素子なのでフランジバックが短く小型に出来ます、そこで問題なのがファインダーですよね

レフ機と違いミラーもプリズムも無いのでとれる行動は一つしかありません、電子的にディスプレイする

ということです、これによる利点としては露出の関係がリアルタイムに表示されるという点です、先ほどの話で

レフ機の難しい点が露出であると言いましたが、ミラーレスは露出の絡みが楽と言うことになります

それなら「じゃあミラーレスでいいじゃん」って考えると思いますがそういった訳でも御座いません

ミラーレスは撮像素子の情報をファインダーに電子的に送っている為、本当にリアルタイムではありません

止まっているものなら待っていてくれますが動きの速いものを被写体とするとどうしてもレフ機と比べて遅れてしまいます

そしてミラーレスにはまだまだ課題が残っているのですが・・・・・

小型化した犠牲としてAFセンサーを搭載していなく、撮像素子での測定でAFしなければならないのです

レフ機は位相差AF、ミラーレスはコントラストAFとAF方式が違いますどちらも良い所と悪い所が存在しており

どちらが最高とはいえませんが、AF速度なら位相差AF、精度ならコントラストAFになります

基本的に位相差AFは別体のAFモジュールがありあらかじめ被写体との距離を計測してレンズモーターを

動かしますのでレンズモーターが遅くても一直線にピントを合わせますので速いです、しかしあらかじめ距離を

図ってピントを合わせるためピンズレしていてもそこがきちんとしたピントと認識してしまうため後でPCに取り込んで

みたらピンズレしていることもあります、

対してコントラストAFはレンズのピントモーターを動かして一番ピントが合ってる場所に合わせるためモーターの

スピードが要求されますしその分遅れます、しかしピントが合っている時にOKを出しますので位相差AFと比べて

ピンズレは少ないです、ただし距離を測ってピント合わせしているわけではないので、暗い所やコントラストに差が

あまりない所にはめっぽう弱いです、ここぞと言うときにダメな時があります

どちらも良い所と悪い所があり私的にはどちらがお勧めとは言えないですね

デカいけどAFが早く速い被写体向けなレフ機、コンパクトで露出の失敗が少なくAFが合掌したときにピンズレしにくい

ミラーレス・・・・・悩みますよね??コレ

しかし昨今のカメラ事情はミラーレスにベクトルが向きつつあります、より小型でAF性能がレフ機に追いつけば

ヤバいんじゃないかな?なんて思ってますがそれよりも脅威となっているのがスマホですね!

エントリーモデルのコンデジが全く売れていない原因にスマホのカメラ機能の高性能化が猛威を振るっています

カメラが好きな方々からすると大したことないと思いますが、取り敢えず写真が撮りたいという方からすると

スマホで十分と言う人が大半ですよね・・・・

って脱線しましたが私的にはレフ機とミラーレスはどっちも素晴らしいと思ってますのでバランスよく使いたいと思います

ただこれからカメラを始めたいという方、でもコンパクトで低予算で良い画が撮りたい方には

是非ミラーレス一眼をお勧めいたします

現在のミラーレス一眼はかなりの高性能になっております、本当に小型な物からそれなりに大型のものまで

多種多様です、EVF(ミラーレス機のファインダー)もとても見やすく拡大表示もついているカメラも多いですし

持ち運びが楽でしかもリアルタイムに露出も分かる為失敗もレフ機に比べて少ないです

そして現状として画質面で見てもそこまで違いはないと断言できます(あくまで主観ですが)

P6020009.jpg

実際写真を並べられると私はどれがどのカメラかはわかりません、それだけ差が少ないということです

まぁ好きなカメラを好きなように使うのが一番ですね、レフ機で頑張ってうまくなりたいと思ったらレフ機を買えば良いし

コンパクトでどこでも持ち出せる画質の良い相棒が欲しいと思えばミラーレスを買えば良いのです

ステキで楽しいカメラライフを送りましょう・・・・・・次回なに捕獲したのか記事にします

それでは( ̄▽ ̄)ノシ





Posted on 2015/06/02 Tue. 19:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

0601

高島城際#2  

みなさんこんばんは!!

ちょっと期間が開きましたが高島城際#2です(汗)

心配していた天気もちょっと曇り気味でしたが、陽射しは出ていてSS稼ぐのはマズマズでした

使用したレンズは70-200mmF4ですがやはり望遠だとズームができるほうが利便性が高いですね、

場所固定での撮影が主になるので単焦点だと厳しいシーンが多くなります、画質重視で考えると

単焦点になるのですが、お祭りとかイベントだとキツイのが現実です、しかしNikonの70-200mmは

画質を犠牲にしていない非常に優秀なレンズです本当はF2.8通しが良いのですがネックが重量!!

その点70-200mmF4は非常に軽くて描写や解像感が良いのですごく気に入ってますね~

各社で70-200mmF4が出てますがどれも優秀です!

絶対抑えておくべきレンズですよ!皆さん!!

ドラゴン1
撮影機材:Nikon Df/AF-S Nikkor 70-200mm F4G ED VR

力強い太鼓とともに龍の舞が始まりを告げます

ドラゴン2
撮影機材:Nikon Df/AF-S Nikkor 70-200mm F4G ED VR

二体の龍が出そろいいよいよ始まりますが・・・結構速いんですよフォーカス合わすの大変(大汗)

ドラゴン3
撮影機材:Nikon Df/AF-S Nikkor 70-200mm F4G ED VR

ドラゴン4
撮影機材:Nikon Df/AF-S Nikkor 70-200mm F4G ED VR

いやぁ楽しい楽しい♪Dfでの動体も少し慣れが必要ですが、明るいシーンではかなり速いので楽です

まぁD4やら1DXやらにはかないませんが私には十分ですね☆

あとやはり思いますが画質云々はボディよりレンズによるものが大きいと思いますね(あくまで私の考えですが)

どんなに良いカメラでもレンズがアレだと台無しです、これからカメラ始める方にお勧めするとすれば

ボディはそこそこ(限度はありますが)でレンズに資金を回すのをお勧めしたいと思います

ボディは消耗品、レンズは資産!!良いレンズはずっと使えますその後で機能やらに満足できなくなったら

ボディをステップアップすれば良いことです、私はボディを色々変えて失敗だった点がそこでしたので

これからデジイチ始めるかたはそうした方が良いと自信をもって言えます。

ドラゴン5

それでは( ̄▽ ̄)ノシ






Posted on 2015/06/01 Mon. 19:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

現在の閲覧者数

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

管理者にメール(/ω・\)チラッ

▲Page top